親知らずの抜歯親知らずの抜歯

親知らず抜歯後の腫れや痛みが、
気になり抜歯をためらっている方に

親知らずの抜歯は一般的に大学病院など大きな病院の口腔外科を予約しなければならなかったり、親知らず抜歯後の痛みや腫れが伴いためらう患者さんが多いですが、名取歯科医院では再生医療のCGF療法を活用した腫れや痛みを抑えた親知らずの抜歯を日常的に提供しています。また歯科恐怖症など治療が苦手な方には、静脈鎮静麻酔(セデーション)も提供しています。

親知らずとは何でしょうか?

親知らずとは前から数えて通常8番目の第3大臼歯です。通常は20歳前後に萌出する歯のため親の知らない間に生えることから、親知らず(または智歯)と呼ばれます。多くは上あごに2本、下あごに2本の計4本となりますが個人差があり、4本に満たない方やまったく親知らずが生えない方もいます。通常、親知らずは歯槽骨に埋まったままになっていたり(埋伏歯)、歯の一部のみが露出していたりすることが多く親知らずはトラブルを引き起こしやすい歯です。そのため特殊な場合(自家歯牙移植などで積極的に用いる場合など)を除き、名取歯科医院では親知らずの抜歯をおすすめしています。

親知らずを
抜歯しないリスク

  • 虫歯リスク
    親知らず(第3大臼歯)は一番奥のため歯ブラシが届きにくく、フロスなども使いにくい位置にあるため虫歯になりやすい特徴があります。また親知らずが斜めに生えている場合などは、隣りあう第2大臼歯の間も歯みがきが難しく、親知らずだけでなく第2大臼歯も虫歯になってしまうことがあります。
  • 歯周病・智歯周囲炎リスク
    親知らずは歯周病のリスクがあります。これは親知らずの周囲が炎症を起こして腫れたり、痛みがでる歯周病(智歯周囲炎)となってしまうことがあります。
  • 歯ならびリスク
    親知らず(第3大臼歯)が斜め、または横向きに生えている場合、親知らずによって第2大臼歯から前の歯が前へ押し出され歯ならびが乱れるリスクがあります。同様に親知らずは上下左右に1本ずつ、通常合計4本ありますが天然欠損や生えない場合もあります。これら4本のうち一部だけ萌出した場合には歯並びや噛み合わせのバランスが崩れるリスクがあります。
  • 顎関節症リスク
    歯並びや噛み合わせの乱れは顎へ負担をかけることがあります。親知らずが噛み合っていない場合はやはり顎の運動を阻害します。顎に負担がかかり続けることで顎が鳴る、ガクガクする、痛むといった顎関節症を引き起こすリスクがあります。

親知らずの種類について

一般に親知らずの抜歯というと大学病院の口腔外科で、場合によっては入院を伴って行うと思われがちですが、名取歯科医院では親知らずの抜歯は日常的に行っています。斜めに生えている場合、水平埋伏(親知らずが萌出せず骨の中で横になっている場合)の場合、歯根肥大(歯根の先が膨らむ)や歯根湾曲(歯根が曲がる)といった形態の異常など抜歯の難易度は高い親知らずも抜歯処置します。

下顎骨には下顎管よばれる神経と血管があります。親知らずの根の先がこの下顎菅の近くにあったり接触していたりする場合もあるため、事前の歯科用CTやデジタルレントゲンよる診査診断と共に抜歯時にの細心の注意が必要です。この場合、神経を傷つけオトガイ神経麻痺(下唇の周辺あたりに残る麻痺)や舌の感覚鈍磨が生じることがあります。歯の根と下顎管の位置関係によっては麻痺は避けられないリスクですが、症状の多くは基本的に時間の経過(数ヶ月〜数十ヶ月)とともに回復します。

痛みや腫れを抑えた親知らずの抜歯(CGF療法)

名取歯科医院ではCGF療法を活用した抜歯の痛みや腫れを低減する親知らずの抜歯を行っております。親知らずの抜歯前に患者さんから血液を採取し、遠心分離機をかけることで作成される「フィブリンゲル」という物質を使用します。「フィブリンゲル」は血液中の血小板などの止血成分や成長因子を濃縮して作られ、患者さん自身の血液がもととなる「フィブリンゲル」を抜歯した部分に入れることで、薬品アレルギーや感染のリスクを抑えながら抜歯窩周辺の修復を促進させることで、痛みや腫れを軽減し抜歯後のストレスを軽減します。

CGF療法(再生療法)とは

再生医療の提供について名取歯科医院は、再生医療等の安全性の確保等に関する法律施行規則に基づき「自己血由来成分CGFを利用した口腔内組織の再生医療」として認定医療等委員会の認定の元、第三種再生医療等・治療に関する提供計画を届け出ています。
*厚生労働省 医政局 研究開発振興課

親知らずの抜歯(CGF療法)例

親知らずの抜歯に恐怖心が強い方、嘔吐反射をお持ちの方に

親知らずの抜歯に限らず歯科治療に恐怖心がある方、器具をお口に入れた際に嘔吐反射がある方には、麻酔科医の招聘による精神鎮静法のセデーションもご利用頂けます。親知らずの抜歯にともなう手術のストレスを軽減しリラックスした手術を行うことができます。

手術中は「うとうと寝ているような感じ」と表現されます。いわゆる全身麻酔では自発呼吸ができないため人工呼吸が必要となり入院を伴いますが、セデーション(静脈内鎮静法)では文字通りうたた寝のような状態で自発呼吸のため日帰りが可能です。

親知らずの抜歯治療費(口腔外科処置)

親知らずの抜歯 親知らずの抜歯(垂直のもの) ¥22,000
/本
親知らずの抜歯(半埋伏のもの) ¥44,000
/本
親知らずの抜歯(骨に埋伏したもの) ¥66,000
/本
親知らずの抜歯(垂直のもの)4本 + CGF療法 ¥100,000
/4本
CGF療法(再生療法) ¥33,000
  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。
平日・土曜:
9:00~12:30/14:00~18:00*
(*土曜~17:00)
natori-dental

スマートフォンの方は、下のボタンをタップすると簡単にお友だち追加ができます。

●LINEビデオカウンセリングをご希望の方は事前にご予約ください。
●ご来院カウンセリングの前にご自宅などお好きな場所からご相談頂けます。