T-スキャン(デジタル咬合検査)T-スキャン(デジタル咬合検査)

歯科治療のゴールは噛み合わせ

どんなに高価なセラミックで審美治療をしても、最新の治療法でインプラントを行っても噛み合わせが正しくないと治した歯はまた悪くなります。これまで「患者さんの感覚」と「ドクターの勘」に頼ってきました。正しい噛み合わせは治した歯を長持ちさせる治療のゴールです。名取歯科医院では噛み合わせや顎関節症で悩む方だけでなく、最新のデジタル機器による噛み合わせデータ取得に取り組んでいます。

名取歯科医院のT-スキャン


赤や青のリボンをカチカチと噛んで、噛み合わせの診断を受けた方も多いと思います。インクが転写するだけの仕組みで瞬感で変わる噛み合わせや、噛む力が計測できないことはご理解いただけると思います。名取歯科医院では噛み合わせの圧力・方向・バランス・捻れなど、歯が接する面にかかる力をデジタルで測定する「T-Scan」を採用し、精密にデジタル計測し「見える化」することで治療方針の決定に役立てています。

噛み合わせをデジタル計測するメリット

適性な噛み合わせとは「もっとも自然」な状態で顎が動き、噛み合う状態です。すべての歯が等しい力で噛み合い、噛み合った重心が中心点にくる状態になります。ところが人間の身体はそうしたズレを全身で補正して負担を減らしていくので「勘」や「思い込み」では根本的な噛み合わせのデータを得ることが出来ませんでした。

T-スキャンを使った治療について

総合的な判断をするため咬合紙での噛み合わせも併用します。ただ咬合紙では動きをみることはできません。

T-Scanの測定装置を噛み締めることにより、右と左での歯が噛み合う「力」と「方向」を測定します。

このように歯がどのような順序で噛み合っていくのか、偏った力や不均一な噛み合わせも測定できます。

「見える化」されたデジタルデータから、患者さんごとの理想的な噛み合わせを治療を通して目指します。

歯のお悩みはスマホ・PCからお気軽に、
24時間いつでもWEB相談。

無料オンライン相談

強引な治療の勧誘は一切ございません。
他院に通院の方もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約