マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)

マイクロスコープによる精密治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を院内のつの診療室に完備しており、約20倍に拡大した精密な治療を行います。マイクロスコープ導入を謳うクリニックもドクターだけが使用している場合が殆どですが、名取歯科医院はマイクロスコープによるドクターの精密治療を行ったあとは、歯科衛生士によるメンテナンスも同様にマイクロスコープを使うべきと考えています。つの治療室へ完備して、職員全員がトレーニングを受けて日常的にマイクロスコープを使用しています。

マイクロスコープ治療のメリット

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使うことで目やルーペでは見えなかったものが大きくはっきり見えるようになり、虫歯の取り残しや健康なな歯を削り過ぎてしまう事を防ぎます。名取歯科医院では必用なすべての治療にマイクロスコープを使用します。今まで「抜歯と宣告されていた末期的な虫歯」も、精度の高い根管治療(歯の根の治療)や修復治療で自分の歯を抜かずに残すことが出来るようになりました。できるだけ歯を削らない、歯を抜かない治療にマイクロスコープは欠かせません。

マイクロスコープで可能になる精密な歯科治療

マイクロスコープにより、肉眼やルーペでは見ることができなかった歯の根も奥まで鮮明に見ることができます。これまで難しかった根管治療も高い成功率となり自身の歯を残した歯科治療が可能になりました。

歯の神経守るために MTA(Mineral trioxide aggregate)を用って治療します。MTA によって歯の神経を覆ったり、パーフォレーション(歯に開く穴)を処置するには、マイクロスコープ無しでは治療そのものが成立しません。

保険の金属の被せ物を外してマイクロスコープで見ると、汚れが溜まり虫歯(二次カリエス)になっていました。マイクロスコープで拡大して健康な歯を削らずに虫歯だけを取り除きます。

痛みのある金歯と土台を外してマイクロスコープで見ると破折(歯が割れる)して菌が入り込み汚染されていました。歯に開いた穴や割れはマイクロスコープで拡大して初めて見つけられます。

名取歯科医院のマイクロスコープ


根管治療や審美歯科治療を中心におこなう治療室には、カールツァイス社のマイクロスコープ OPMI pice を常設して拡大士視野による精密治療に使用し、根管治療や審美歯科など精密な治療に活かされています。メンテナンス(PMTC)やホワイトニングを中心に行う治療室には、ペントロン社の Brightvision LED を常設し、拡大視野による歯石除去や磨き残しの確認などに使用されます。2台とも写真と動画撮影に適したマイクロスコープで、明るく見やすい画面で治療内容やお口のコンディションをご覧き質の高いインフォームドコンセントを提供します。

歯のお悩みはスマホ・PCからお気軽に、
24時間いつでもWEB相談。

無料オンライン相談

強引な治療の勧誘は一切ございません。
他院に通院の方もお気軽にご相談ください。

無料カウンセリング予約