矯正歯科矯正歯科

大人こそ考えて欲しい矯正歯科

あ多くの患者さんが「矯正は子どもがするもの」という思い込みがあるのですが、最近「大人の矯正」が急速に市民権を得て来ました。大きく2つの理由があり、1つは綺麗な歯並びと正しい噛み合わせに対する意識 (デンタルIQ) が高まってきたこと、もう1つが「見えない矯正歯科」とも呼ばれる透明で目立たないマウスピース矯正が広まったことが挙げられます。
名取歯科医院ではマウスピース矯正のインビザラインと、従来型のワイヤー矯正を患者さんの症状にあわせて、適切に提案します。

見た目の改善だけでない
矯正のプラス効果

矯正は治療を通して口もとのコンプレックスを解消することができます。歯並びが気になって人前で思い切り笑えなかった、という方にとって矯正は「見た目」だけではなく、朗らかに前向きになれるココロの処方箋になることもあります。
普段、患者さんが気づきにくい矯正治療のプラス効果は見た目だけではなく、代表的なものでもこれだけあります。
・虫歯・歯周病・口臭の原因を歯並びで改善
・喋り難さ (発音障害) の原因を歯並びで改善
・噛むことができない (咀嚼機能障害) 原因を噛み合わせで改善
・顎関節の負担 (顎関節症) になっている原因を噛み合わせで改善
・顎筋肉の負担による頭痛・肩こり (不定愁訴) の原因を噛み合わせで改善

名取歯科医院の特徴「噛み合わせ治療」において、矯正治療は大きなポイントになります。また矯正治療につきももの痛みも現在ではコントロールできるようになり大幅に低減しています。
見た目だけでもなく機能だけでもない、患者さんが「笑顔で健康になれる」矯正治療を実践しています。

マウスピース矯正
インビザライン

1997年にアメリカで誕生した透明のマウスピースを使った治療法です。これまで約400万人の矯正治療実績があり、デジタル技術を活かした新世代の矯正治療とも言えます。透明なマウスピースは、矯正装置をしていることに気づかれないほど自然に口もとに馴染み、検診(通常は2~3ヶ月に1度)に従って自分で交換していく手軽さで矯正治療の主役になりました。

以前は治療できる症状も限られ、補助的な矯正手段と考えるドクターも多かったのですが、技術革新によって治療できる症状の範囲も大きく拡がり、多くの症状をインビザラインで治療することが可能になりました。
また治療前に「クリンチェック」という独自のシミュレーションアプリがあり、歯並びの改善を患者さんにも見て頂くことができます。これもデジタル化、見える化のメリットです。

目立たないワイヤー矯正
セラミック装置

ワイヤーの矯正治療は、銀色のギラギラした装置が歯に並んだ印象が強く、歯並びは治したいけれど目立つ装置を何年もつけたくないという患者さんの声を多く伺いました。マウスピース矯正で治療できない症状もあり、今でもワイヤー矯正は大切な治療法です。そこで名取歯科医院では、ワイヤー矯正の患者さんに目立たない白いセラミックの装置(ブラケット)を矯正治療に提案しています。

歯の表側に装置をつけるワイヤー矯正は、裏側矯正と異なり装置とワイヤーが見えるからこそスビーディーな対処や治療が出来るメリットは無視できません。金属製と異なり白いセラミックは装置が歯に馴染み、見た目の違和感を低減します。
金属は歯垢の原因となる汚れを引き寄せますが、セラミックは汚れが付きにくい特性があることから矯正治療中の虫歯リスクを低減します。検診とワイヤーの調整は1ヶ月に1度となります。

矯正治療は見た目の治療と思われがちですが、キレイな歯並びと正しい噛み合わせ治療は、歯とお口だけでなく全身の健康につながる大切な治療です。

矯正治療治療費

ワイヤー矯正

ワイヤーを使用した治療法
(ブラケットはセラミックを使用)
¥864,000
ワイヤー交換
※1ヶ月に1回ワイヤー交換が必要となります。
¥5,400

マウスピース矯正(インビザライン)

※インビザラインの治療では、下記の料金以外に費用がかかることはありません。
また、ワイヤーを使った矯正に比べて3ヶ月に一回のチェックだけで十分です。
そのかわり患者さんがきちんとスケジュール通りマウスピースを交換して使用する事が必要です。

インビザライン
(ワイヤー・ブラケット等を一切使用せず
マウスピースのみで矯正治療を行います。)
¥864,000

※お支払いは現金、クレジットカード、デンタルローンがお選び頂けます。
※治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談ください。
※終了後のメンテナンス料は別途頂いております。