マウスピース型(インビザライン)矯正マウスピース型(インビザライン)矯正

マウスピース矯正
(インビザライン)とは?

マウスピース型矯正のインビザライン(invisalign)は、1997年にアメリカで誕生した治療法でアライナーと呼ばれる透明なマウスピースを使用する矯正方法です。マウスピース矯正というと「新しい」イメージがありますが、これまでに世界約1000万人(2021年5月時点)の矯正治療実績があり、矯正治療の一手段として確立されているものです。透明なマウスピースは、矯正装置をしていることに気づかれないほど自然に口もとへ馴染み、検診(通常は2~3ヶ月に1度)での指示に従って自分でマウスピース交換を行う手軽さも従来の矯正治療にない特徴です。

マウスピース矯正の
メリット

マウスピース矯正の最大のメリットは矯正装置をしていることに気づかれないほどの「目立たなさ」ですが、その他にも患者さんに受け入れられやすい特徴があります。

・マウスピース型矯正は透明で目立たない
・マウスピース型矯正は自分で取り外すせる
・マウスピース型矯正は食事・歯磨きの際に取り外せる
・マウスピース型矯正は通院頻度が少ない
・マウスピース型矯正はスポーツでお口の怪我リスクが低い

特に食事や歯磨きの際に矯正装置を取り外せる点はマウスピース型矯正の大きなメリットで、これまでと同じ食生活をストレス無く続けられます。またブラケット型矯正では、矯正装置が付くとどうしてもブラッシングが難しくなりますが、マウスピース型矯正は取り外すことができるため虫歯リスクも軽減できます。
マウスピース型矯正が登場した当初は、治療できる歯並びも限られていたため補助的な矯正手段と考えるドクターも多かったのですが、日々行われる技術革新によってマウスピース型矯正で治療できる矯正範囲が大きく拡がり抜歯を伴うような難症例をふくめ、多くの歯並びをマウスピース型矯正で治療することが可能になりました。

デジタル技術との連携

マウスピース型矯正のインビザラインは「クリンチェック」という独自の矯正シミュレーションアプリがあります。患者さんは治療へ入る前に治療開始から治療完了までマウスピース型矯正で歯並びがどのように改善されるか3Dの動画で確認することができます。長期にわたる矯正治療では、「歯並びがしっかり改善されるのか」「最終的にはどのような歯並びになるのか」といった不安があるかもしれませんが、インビザラインでは「クリンチェック」というデジタル技術で、患者さんの矯正に対する不安を解消します。

マウスピース型矯正 治療費

マウスピース型矯正(インビザライン)

マウスピース型矯正(インビザライン)の治療開始後は、下記の料金以外に費用がかかることはありません。ただし治療前のデンタルドック(お口の人間ドック)の費用は別途必要となります。
またインビザラインは、ワイヤーを使った矯正に比べて3ヶ月に1回のチェックで十分ですが、そのかわり患者さんが決められた1日の装着時間、指定されたスケジュール通りにマウスピースを交換して頂く事が必須となります。

インビザライン ライト (治療期間 8ヶ月~12ヶ月)
※検査費用33,000円・保定装置66,000円をすべて含みます。
¥770,000
インビザライン フルセット (治療期間 12ヶ月~24ヶ月)
※検査費用33,000円・保定装置66,000円をすべて含みます。
¥1,100,000

※価格は税込価格です。
※お支払いは現金、クレジットカード、デンタルローンがお選び頂けます。
※治療費は、治療期間と同様に個人差があります。まずはお気軽にご相談ください。
※終了後のメンテナンス料は別途頂いております。

マウスピース矯正の症例紹介

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。