根管治療のよくある質問根管治療のよくある質問

他院で神経を取ると言われたのですが、神経を抜かない治療が出来ますか?

現在では神経を抜かない治療は出来ます。神経は歯の組織の中でも最も大切なので痛み等の症状が無ければ抜かない方が絶対いいのです。虫歯を除去して神経が露出してしまっても、MTAというお薬を使えば保護する事が出来るのです。

根管治療にはどのような器具を使うのですか?

根管治療を行うにあたりマイクロスコープ、CT、Ni-Ti File ラバーダムこの4つは絶対なくてはいけません。今までの根管治療は歯の中が見えないので治療成績が低迷していましたが、見える事によって治療成績は向上して歯が長持ちするのです。

不安や恐怖心が強いのですが治療に痛みはありますか?

麻酔を致しますので治療中痛みを感じる事はありません。 皆様、日頃の疲れから寝てしまう方が非常に多いです。

根管治療には針のような器具を使うようですが、治療中は痛くないのでしょうか?

根管治療中は歯の中に“File”という針のような器具を使いますが、麻酔を施して治療を致しますので問題ありません。

治療後の再発予防はどのようなことを心がければいいですか?

きちんとした設備があり器具が滅菌されている歯科医院で治療を受ける事です。

根管治療とはどのような治療ですか?

根管治療とは歯の根の中にある神経を何らかの原因で取る時の治療です。 この治療はこの歯が今後残るかどうかを決めるものなので、非常に重要な治療です。

他の医院でインプラントをすすめられました。歯を抜かずに治療できますか?

その問題の歯が割れていなければ歯を抜かないで治療する事は可能です。 しかしながら歯が抜かずに残せる条件としては様々な事がありますので、精密検査を行った上での判断になります。インプラント治療は最終治療になりますのでまずは出来るだけ歯を残す治療をするのが基本になります。

高度な根管治療は自費診療でしか受けられないのでしょうか?

高度な治療というよりも根管治療を成功に導くためには保険診療の範囲での器材や器具では十分ではありません。事実、保険診療外での器材を使ってこそ残す事ができるというのが今の流れなのです。

余所で治療した根の治療で痛みがとれません。診て頂けますか?

もちろん大丈夫でございます。しかしながら他で治療をしているという事は少なからず歯の内部の様々な部位を触っていますので、良く観察しながら注意深く治療をするという事が大切です。

治療には、何回も通わなくてはいけませんか?

1本の歯の根管治療には1~3回での治療回数が基本ですが、例えば歯自体の形が複雑でしたり、歯の中で器具が折れて残っていたり、歯の中で膿の袋が大きい場合には余分に回数が掛かる事がございます。