歯周病治療のよくある質問歯周病治療のよくある質問

歯周病を放っておくとどうなりますか?

歯周病は歯の周りの病気なので歯の周りにある歯肉、骨が無くなって歯が支えられなくなり 自然に歯が抜けてきてしまいます。そのダメになる過程に於いても膿や出血が伴いますので 酷い口臭も発生致します。

治療後、維持する為に気をつけることはありますか?

歯周病治療をしても歯周病菌は無くならないと言われていますので、毎日のセルフケア、歯ブラシ、歯間ブラシ、フロス等が大切になります。

歯周病は何歳頃から起こるものでしょうか?

歯周病が起こる年齢は若いと15歳から起こる場合もありますので、注意が必要です。

歯槽膿漏と歯周病は違うものですか?

同じです。呼び方が違うだけです。

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

まずは患者さんご自身で毎日の汚れを取る練習をして頂いてから、歯の表面に付いている歯石を徹底的に除去していきます。歯石は感染している物質なので絶対全部除去しなくてはなりません。その後歯肉の健康、歯の健康を確認した上でバランスの良いかみ合わせを作っていきます。また喫煙やアルコールなどの習慣がある方はできれば止めて頂いた方が歯の保ちは良いと思います。 どれか一つを治すのではなくバランスの良い状態を回復させる事が大切です。

冷たいもので歯がしみます。これは歯周病でしょうか?

冷たい物がしみるというのはテレビでも言われているように知覚過敏症というものです。 しかし、原因は歯周病だけではなく、咬み合わせや食べ物、飲み物の嗜好が原因の場合も ありますので、きちんとした診査、診断が大切です。

歯茎からの出血が気になります。これは歯周病でしょうか?

歯肉から出血するという事は歯肉が健康でなく何かしらの炎症があるからという事になりますので、まずは出血の原因を探す事が大切です。 もちろん、歯周病で歯肉から出血がある場合も多いので注意は必要です。

歯周病を放っておくと骨が抜けてしまうと言うのは本当ですか?

歯周病とは歯の周りの病気で歯の周りには骨がありますので、歯周病菌が骨を破壊する場合ももちろんございます。歯周病が恐ろしいのはほとんど痛みを出さないので、気がついたら歯がぐらぐら動揺をし始めて自然と抜歯になってしまう事です。

どんな歯周病も治りますか?

良く言われている歯がぐらぐらで動揺し始めて歯肉も腫れて出血がある場合には、抜歯になる事もありますので全ての歯周病は治りません。

歯周病を治すにはどれくらいの時間がかかりますか?

歯周病には初期から重度まで数段階に分かれています。初期であれば数ヶ月で治癒は見込めますが、重度の場合には数年かかる場合もあります。

歯周病と喫煙との関係

歯周病の場合お口の中にニコチンやタールに加えてアルコールが入ると非常に最悪な状況に陥ります。喫煙やアルコールを嗜好にしている方はまず禁煙から初めて頂いてからの歯科治療をお勧め致します。