虫歯治療と金属アレルギー虫歯治療と金属アレルギー

虫歯治療と金属アレルギー

患者さんから、特に痛いなどの症状はないのだが最近若干の発疹が出来始めているとのご相談があり、調べたところ金属アレルギーとの結果でした。
金属アレルギーといえば、指輪やピアスなどで皮膚がかぶれる症状があることは皆さまもよくご存知かと思いますが、虫歯治療などで使われる金属の被せ物などで引き起こされる「歯科金属アレルギー」が昨今、広く知られるようになって来ました。

この患者さんも金属アレルギーとの結果を受け、原因と思われる金属の被せ物を外しました。被せ物の下には虫歯が結構あり、こちらをマイクロスコープを使用し、丁寧に削りとって行きました。

結果、歯は半分ほどしか残らなかったので、メタルフリーの素材であるセラミッククラウンを被せることとなりました。
発疹は治療後、きれいに収まりました。また、患者さんからは、セラミッククラウンは汚れも付きにくく、また舌触りも良いので虫歯にもなりにくく快適ですと、大変喜んで頂けました。

ちなみにセラミッククラウンと似て白い素材にハイブリッドクラウンがあります。こちらも自然な美しさと丈夫で機能的な白い歯にできるのですが、材料がプラスチックのため、どういても汚れは付きやすく、また、奥歯など力のかかる部分に使うと、破損しやすいのでセラミッククラウンを採用しました。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。