保険診療を辞めて考えること保険診療を辞めて考えること

保険診療を辞めて考えること

2022年で名取歯科医院が保険診療を辞めて7年目になりました。

保険診療を辞めた際には、以前から通院して頂いていた患者さんからはお叱りの言葉や、様々なご意見を頂きました。
名取歯科医院の院長である私自身が歯科医師になって既に30年が経ちます。この30年の中で世界経済は凄まじい勢いで変化し、皆様がお持ちの携帯電話もポケットに入る小ささで更に高性能化してきています。今後とも更なる進化が進んでいくでしょう。しかし、日本はあのジャパンASナンバーワンから遠く及ばずといったところではないかと感じています。

日本の歯科保険医療は、30年前から国の予算が全く変わりません。しかし、世界では様々な歯科技術や歯科材料がどんどんアップデートされております。そのアップデートされた機器や材料を使いたくてもその9割が保険診療では使えませんし、最近になって、ようやく金属以外の白い被せ物が保険で承認されましたが、材料がプラスチックのため、どうしても耐久性に劣ります。力がかかる部分に用いれば、破損の可能性が高くなります。また、汚れも付きやすくニオイも停滞します。

名取歯科院では保険外診療で仕事をしておりますが、それはけして患者さんにセラミックやインプラントを売っているわけではありません。保険診療では得られない健康を患者さんに知って欲しいからこそ、その選択をしたのです。

良く咬んで食べるということは「食欲」という人間の欲求を満たすために必要な機能です。その機能を治療によって回復させる、長く維持することが出来れば、それは患者さんの命を支える土台になると考えています。

そのためには、どうしても保険診療での技術や材料では不十分であると名取歯科院では考えております。
また、患者さんのお口の中の状況はそれぞれ違います。
きちんとした治療には、患者さん一人一人に対してしっかりと検査し、説明し、治療するための時間が必要です。15~30分の治療では何も出来ないと名取歯科院では考え、患者さん1人ひとりに歯科衛生士が担当として付き添い、ご要望に沿ったオーダーメイドの歯科治療を提案しております。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。