,

矯正治療の欠点矯正治療の欠点

矯正治療の欠点

矯正治療は人生の中で何回もするという治療ではありません。多くても2回までではないでしょうか。

矯正治療は悪い歯ならびや噛み合わせを直し、きれいな歯ならびにし、きちんと噛み合うようにする治療です。矯正装置を用いて力をかけてゆっくりと歯を動かして、歯ならびを治し、かみ合わせを調整します。
その期間は数年に渡り、治療を継続するうちに、歯には当然ストレスがかかります。

ストレスを受けた結果、歯自体の長さが短くなるなど支えとしての力が少なくなります。そうなると今度は咬む力に耐えられない自体にもなりかねません。

こちらの画像は、矯正を二回した患者さんのお写真です。

白いラインが長い方は正常な歯で、短い方はこの二回の矯正治療の結果です。

患者さんは当院にて更なる矯正治療を希望しておりましたが、名取歯科院では矯正治療を勧めませんでした。なぜならこれ以上の矯正治療によって歯に力(ストレス)が掛かることで歯がダメになり、歯本来の噛むという役割が担えなくなってしまうからです。

冒頭でのべたように矯正治療は歯ならびや噛み合わせを直しきちんと噛み合うようにする治療です。美しい歯を手に入れられるからという表面的で安易な矯正治療は患者さんに害を与えるので注意が必要だと名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。