治療から時間が経った銀歯の再治療治療から時間が経った銀歯の再治療

治療から時間が経った銀歯の再治療

こちらは別の歯科医院で過去に治療した銀歯の下の、虫歯治療をした際の写真です。

銀歯を外してみるとその下は虫歯の温床となっており、マイクロスコープを用いて細部まで確認しながら徹底的に虫歯を除去しました。
しかし虫歯よりも厄介なのが銀歯の下にあるセメントです。昔使われていたセメントは、口という環境に置かれると、時間と共に溶解してきてしまうので注意が必要です。

また、古いセメントは厚くなりがちで、金属クラウンと歯の表面を合わせることが非常に難しかったと思います。
昔はこのような治療が多かったため、今になって問題となっているケースが多いように感じます。
今は技術が進歩し、新しい素材も次々に生み出されています。
名取歯科医院では積極的に新しい治療や技術を学び、患者さんに長くより良い状態の歯を維持していただけるよう、心がけています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。