マウスピース型の矯正治療マウスピース型の矯正治療

マウスピース型の矯正治療

矯正治療は歯にワイヤーを付けるものからマウスピース型に移行しつつあります。
患者さんが毎日きちんとマウスピースを確実に装着して頂くのであれば、ワイヤーで行う矯正治療よりもよりクリーンで見栄えも良いものです。

矯正治療というのは歯を動かすのが目的だと皆様思っていらっしゃるかも知れませんが、最終目的は歯の咬み合わせをきちんと作るという事が大切です。いくらきちんと歯を綺麗に並べても咬み合わせを最後にきちんと作らなければ、きちんと噛むことが出来ず、歯科治療として成功したとは言えません。

しかし、残念なことに矯正専門医では矯正治療の後に咬み合わせの調整をしません。
歯は見た目を綺麗に並べても自然に咬み合うわけではありません。顎関節はそんなに単純なものではありません。

名取歯科医院にも、矯正治療を終了しても顎が痛いと訴えてこられる患者さんが年々増えています。
こちらの画像がまだ数ヶ月の患者さんですが、マウスピース矯正でいい感じに動いてきました。
療後にきちんと噛めるというのが矯正治療の大前提です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。