歯槽膿漏を自分で治療できるか歯槽膿漏を自分で治療できるか

歯槽膿漏を自分で治療できるか

ネットなどの相談ページを見る機会がありますと、歯槽膿漏(歯周病)を自分で治そうとされる方が、多いことに驚かされます。

歯周病はかつては歯槽膿漏と呼ばれていましたが「歯ぐきから血が出たり、食べもので凍みる」程度の過敏症というイメージが強いのかもしれません。しかし実は歯周病は歯周組織(歯ぐきや骨)が感染をおこし最終的に壊されてしまう感染症で、れっきとしたお口の中の病気です。
歯周病は別名サイレント・ディジーズ(静かな病気)とも呼ばれます。病気でありながら、虫歯のように分かりやすい見た目や痛みもないまま悪化し自覚症状を感じた時には病気が進んでいる可能性もあります。歯周病が進行することで、歯を失うだけでなくインプラントなど歯の再建すら出来なくなる場合もある怖い病気です。
また、歯周病と糖尿病が関係すること (出典 : NCGM ) をご存じですか? 同様に心筋梗塞や脳疾患についても合併症としての関連も指摘 ( 出典 : JACP )されてます。歯周病は単に「歯ぐきから血が出る」症状ではありません。

では歯周病は自分で治療できるのか、答えは「いいえ」です。薬局などで売られてい市販の薬を用いれば、痛み等は一時的に無くなるかもしれませんが、それで歯周病は完治はしません。
歯周病は歯科医師と患者さんがタッグを組んで治療しないと治りません。

現在では中高年の7割が何らかの歯周病を持っていると言われます。どなたでも歯周病の可能性があります。代表的な歯周病の自覚症状には次の様なものがあります。

・熱いもの冷たいものが凍みる
・歯ぐきが赤く腫れている
・歯ブラシをすると歯ぐきから血が出る
・歯ぐきが減って歯が伸びたように見える
・歯がぐらつく、浮いた感じがする
・口臭がしたり膿が出たりする

思い当たるものが複数ある方は、歯科医院を訪ねて歯周炎・歯周病検診を受けることをおすすめします。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。