患者さんにとっての良い歯科医師患者さんにとっての良い歯科医師

患者さんにとっての良い歯科医師

この画像は名取歯科医院の医院長である私の歯です。
私も患者さんと同じく、顎関節症に悩む一人の患者でした。


私は最初に大学病院で治療を受けましたが、のちに細菌感染により根管治療をすることとなりました。
今、改めて考えてみるとラバーダムなしの治療だったのがその原因だったのではないか感じています。その後、別の歯科医院で口腔外科の手術を受けましたが、最終的には抜歯となり、別の歯も破折を起こしてしまいました。
勿論、これは病院や医師の技量だけではなく、私が治療を受けた20年以上前の技術や材料が現在よりも劣っていたことにも原因があると思います。

しかしながら治療を受けた当時、すでに歯科医師であった私でさえもこのような経験をしているということは、一般の患者さんにおいて良い歯科医師を探すことは、なかなか厳しいことではないでしょうか。

名取歯科医院では常に新しい技術や素材について知識を得ることを心がけています。そしてどのような治療法が患者さんに対してよりよい治療であるのかを考えていくことが、患者さんにとって、より良い歯科医師、歯科医院であり続けるために大切なことだと考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。