歯を見て口を見ない治療歯を見て口を見ない治療

歯を見て口を見ない治療

こちらの写真は、他院にて抜歯宣告され名取歯科医院にいらっしゃった患者さんです。
腫れているのは治療前で、白い被せ物(仮歯)が被っているのは治療後です。

初めは本当に小さな虫歯だったそうです。小さな虫歯を削って詰め物をしただけですが、時間を経て詰め物が欠けてしまいました。そこで、次に被せ物での治療を行なうことになりましたが、その際に「白い綺麗なセラミックを被せたらいい」ということでセラミック治療をしたそうです。
しかし、セラミックをかぶせても問題は解決できず、高価なセラミックはことごとく壊れてしまったとのことですが、その歯医者さんでは「今度は割れないゴールドクラウンにしましょう」と更に自由診療を勧められたとのことです。
患者さんは勧められるままに自由診療を行いましたが、治療後、今度は神経がダメになりその結果歯肉が腫れてきてしまい、最後には抜歯宣告されたそうです。

結果としてこの歯科医師は患者さんの信頼を失うこととなりました。
なぜこのような結果になってしまったのでしょうか。

その原因は、以前の歯科医師が詰め物が破損した原因を初めから終わりまで「歯」にあるとしか見ていなかったことにあると考えます。
この患者さんの問題の根本は、噛み合わせによる歯へ掛かる力のバランスにありました。名取歯科医院では精密なデンタルドックを行ったうえで、噛み合わせの治療を含めた治療方針をご提案しました。

どんなに高価なセラミックで審美治療をしても、最新の治療法でインプラントを行っても噛み合わせが正しくないと治した歯はまた悪くなります。名取歯科医院では正しい噛み合わせは治した歯を長持ちさせる治療のゴールであると考えています。
他院での歯科治療で上記のように「歯しか診ない」治療が施されているという現状を無視はできません。こうした治療を繰り返した末に、今回のように歯が失われてしまうという結果を招くこともあるのです。

名取歯科医院での治療においては、このようなことがないよう考え、一人ひとりの患者さんにしっかりと向き合い対応していきたいと改めて考えることになる出来事でした。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。