アナログからデジタルへアナログからデジタルへ

アナログからデジタルへ

一般の工業製品はほとんどの物がCAD/CAMで作成されます。歯科業界でもCAD/CAM が増えてきています。
CADはコンピューターで製品の設計を行い、CAMはCADにより作成された設計図をもとに生産準備を行う機器・ソフトウェアです。CAD/CAMを使うことで設計から生産準備、実際に加工・作製まで全てがコンピューター制御で行うことが出来ます。

歯科業界は歯の詰め物や修復物の作成は技工士さんに頑張ってもらい手作業で今までやってきました。しかしながら技工士の能力も差があり、どうしても品質にも差が出てきてしまいます。また、装着までに実際にお口の中の様子を確認したり、何度も通院が必要となり、患者さんにも負担になります。
しかし、CAD/CAMを導入している歯科医院であれば、そのような面倒くさい工程が必要なくなります。またコンピューターで作るため精度も高く、きれいな仕上がりになる利点が多くあります。

デジタル技術が歯科医院に導入されたことにより患者さんにとってもうれしいことが増えていきます。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。