治療における「正しい事」治療における「正しい事」

治療における「正しい事」

名取歯科医院の院長であり歯科医である私は、常に「正しい事」について考えています。

最近、遠方からいらっしゃる患者さんが増えてきています。お話を聞くと今まで他の歯科医院では治療を受けてきたのに治らなかった、とのことです。
これは、他の歯科医が正しく検査や診断をせずに治療を行ってしまった結果ではないかと感じています。

まず、治療の前に、患者さんの症状について「なぜそうなってしまったのか?」を考えることが大切です。

これは歯だけではなく顔貌の変化や、顎関節の仕組みなどを踏まえ、患者さんの生活の中でどのように変化してきたのかを、現在の情報と照らし合わせて考えなくてはなりません。
人間の体の仕組みについての情報も、日々新しくなり、生活環境も習慣も変化します。10年以上前の知識は既に古く、使い物にならない場合も多くあります。先人の教えも為になるものもあれば邪魔になるのもあるのです。

名取歯科医院では常に正しい事の判断をする際に、人体の解剖、人間の体の仕組みを考えます。
人体の仕組みを正しく理解していれば、患者さんの状態を正しく読み取り、相応しい治療方法をご提案できます。

また、名取歯科医院では常に新しい技術、知識の取得に向き合い国内外を問わず学会や研修会に積極的に参加しています。そして院長である私自身が治療を体験し、自分自身が納得できる新しい治療を患者さんに提供しています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。