根管治療の治療機器根管治療の治療機器

根管治療の治療機器

根管治療でマイクロスコープやCTを使うのは当たり前の時代になってきたと感じます。
「根管治療」は歯根の中を通る根の管から、虫歯に冒された神経や血管を丁寧に取り除き、根管内を洗浄・殺菌して薬剤を入れ、最後に被せ物をする治療です。根管治療のポイントは根管から虫歯菌を追い出すこと(根の消毒)です。
名取歯科医院でも歯の根を拡大するマイクロスコープ治療、軟組織を立体的に診るCT検査を行っています。また、細菌感染をさせないラバーダム使用を徹底しています。

こちらの針金のような治療器具は、ニッケルチタンファイルです。
根管治療で歯の内部に存在する汚染物質(虫歯菌に感染した神経・血管など)を取り除くために使用します。(根管治療を成功させるためには、この根管清掃と根管を広げる根管形成がとても重要です。)

歯を一本根管治療をするのにこれだけのニッケルチタンファイルが必要です。もちろん全て治療前に滅菌済みです。

名取歯科では、ニッケルチタン製のファイルを使用しています。ニッケルチタン製はステンレス製の物に比べ柔軟性が高いため、さまざまな形状の根管に対して適切な処置が行えるため、精度の高い根管清掃・根管形成が可能です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。