噛む力の大切さ噛む力の大切さ

噛む力の大切さ

歯周病になると歯がグラグラしてきて抜けてしまうと言われています。
これは歯周病菌が歯を囲んでいる骨を溶かしてしまうというのが大きな理由ですが、問題は歯周病菌だけではありません。
歯周病菌が骨を溶かしてしまっている上に、不自然に強く噛む力が加わることで歯がグラグラしてくるのです。

しかし、多くの歯科医院では「よく歯ブラシをしましょう」というだけで、歯に掛かる「噛む力」の話はほとんどしません。実はこの噛む力がとても大切なのです。
こちらの写真は歯周病になってしまったために抜歯した歯ですが、よく見てみると歯の一部が削れているのがわかります。


これは歯周病や歯ブラシによって起こったものではなく、噛む力が強すぎたことが原因です。
このような歯がある方は必要以上に強い力が歯に掛かっている可能性があります。名取歯科医院では精密検査を行い、結果によっては歯周病治療だけではなく咬合治療を行う場合もあります。
噛む力が強すぎず弱すぎず正しく機能しているということが健康な歯の維持にとても大切です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。