なるべく神経を抜かない、神経を残す治療なるべく神経を抜かない、神経を残す治療

なるべく神経を抜かない、神経を残す治療

こちらの写真は虫歯治療中の物です。
虫歯部分を完全に除去したのですが、神経が見えてしまいました。

(画像は肉眼の25倍に拡大したものです。中央部分が神経で周りの白い部分が歯になります)

以前であれば名取歯科医院でもこういう場合は神経を抜いていましたが、今は神経を残す薬を用いています。人間の身体や機能について学ぶ中で(画像は肉眼の25倍に拡大したものです。中の組織が神経で周りの白い部分が歯になります)、やはり神経はなるべく抜かずに残すことが大切だと考えているからです。
神経を抜いてしまった歯は将来的に抜歯してインプラント治療になるリスクがあります。
こちらの治療は保険外診療になりますが、その薬剤を露出した神経の部分に置くことで、神経を残すことが出来ます。

約1時間かけて治療を行いました。虫歯治療一つとっても、
将来的な健康を支えるためにどのような治療がより良いのかを名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。