歯科治療のほんとうの目的は?歯科治療のほんとうの目的は?

歯科治療のほんとうの目的は?

皆さん「歯周病になっても歯を残しましょう!」なんて、当たり前のようなキャッチフレーズですが本当にそうでしょうか?この患者さんも他の歯科医院で歯周病治療でこの歯を残す計画でしたが、治療後痛みが酷くなり名取歯科医院にご来院されました。

こちらは当院で抜歯した歯です。

歯は置物ではありません。歯科治療とはただ歯を残すのではなく、いかに末永く歯を維持すると同時に食べるという機能を持たせなければならないのです。歯科医師は治療にあたる際、歯周病という目の前の現象ばかりにとらわれるのではなく、食べるという最終目的から物事を考えないといけないと名取歯科医院では考えています。

もちろん歯周病でも残せるならば治療をしてなるべく残した方が良いことは確かです。しかし、お口の中を総合的に見て「きちんと噛むことができる、食べることが出来る」という目的のためにおいては、噛むことのできない、食べることに困窮するような歯は抜歯する選択肢も必要です。

歯は治療したけど痛くて噛めない、などという事になっては本末転倒です。最終目標である食べることを見失うような、患者さんにとって無駄な歯科治療を私はすべきではないと考えます。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。