歯科治療の考え方歯科治療の考え方

歯科治療の考え方

最近は減りましたが、それでも別の歯科医院で保険治療で行ったクラウンが外れたのでつけてほしいという患者さんが名取歯科医院にいらっしゃることがあります。クラウンなど被せものや詰め物が外れるということは、必ずその原因があります。その原因を治療せずにつけ直したとしても、ある程度時間が経つとまた外れてしまうのは当然のことだと思われます。

その部位に治療が必要な事は事前にお知らせしますが、治療した歯ですから虫歯もなくただ単に外れたのであれば接着しなおせばいいだけではないか?歯の問題が虫歯などだけではないことを、患者さんにお伝えすることはなかなか容易ではないと感じました。

誤解を怖れずに言えば保険での歯科治療は基本として改善することはありません。どんどん治療したところがダメになっていく一方です。だからと言って決して高い保険外治療が優れている、受けるべきだと言いたい訳ではありません。
大切なのは保険治療・保険外治療に係わらず、歯科治療に対して精密な事前検査と、科学的な根拠のある診査診断、そして客観的な視点で公正な治療計画を話せる歯科医師のもとで歯科治療して頂きたいと願っています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。