歯科治療のセカンドオピニオン歯科治療のセカンドオピニオン

歯科治療のセカンドオピニオン

今回は少し特殊なケースではありますが、このような事例もあるということをお話ししたいと思います。この患者さんはインプラント治療で有名な歯科医院で、歯が割れているので抜かなくてはいけないと診断されたとのことでした。しかし患者さんご自身は「この歯は割れていないと思っている」ということで、名取歯科医院でのセカンドオピニオンを希望されご来院されました。

名取歯科医院では歯とお口の人間ドックともいえる精密検査(デンタルドック)があります。検査の結果、患者さんのお考えの通り歯は割れてはいませんでした。天然歯を残した治療が成功するか難しいところでしたが、患者さんへメリットとリスクをお伝えしご希望されるということで、抜歯せずに天然歯を残す治療は可能と判断してチャレンジをしました。

インプラント治療で有名な歯科医院では、この患者さんの疑問に対して、絶対割れているから抜かなくてはダメの一点張りだったそうですが、より難しく複雑に症状のときこそ科学的にまた客観的に俯瞰して考えなくてはなりません。

歯の治療は一歯でも、複数歯でも総合(全顎)的に考え治療をする時代です。

インプラント治療をするために抜歯するのではなく、患者さんの歯の状態をきちんと調べ、理論的な治療計画を考え、科学的な裏付けの元で治療方法をわかりやすく説明し、患者さんにも納得していただいた上で治療を行うことが何より大切だと名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。