根幹治療について根幹治療について

根幹治療について

「根管治療」は文字通り歯根の中を通る根の管から、虫歯に冒された神経や血管を丁寧に取り除いた後、根管内を洗浄・殺菌を行い薬剤を入れ最後に被せ物をする治療です。

根管治療は肉眼では見えない部分の治療のため高度な技術が必要ですが、これを確実に行うことによってご自分の歯を残し長く使うことが可能になります。根管治療のポイントは根管から虫歯菌を追い出すこと(根の消毒)です。名取歯科医院は歯の根を拡大するマイクロスコープ治療、軟組織を立体的に診る CT 検査、細菌感染をさせないラバーダム使用を徹底しています。

最近はラバーダムをしてマイクロスコープを使って根管治療をする歯科医師が増えた事は患者さんにとって非常に良いことで、今まで抜歯になっていた歯も保存する事が出来ます。

しかし、いくら根幹治療が成功しても咬み合わせをきちんと治療しないと画像のように歯が割れてしまいます。(青い矢印部分が歯が割れている部分です)

歯は割れてしまったら抜歯になります。ただでさえ神経の無い歯は免疫が弱いので、割れやすいですからきちんとした咬み合わせのチェックが必要になるのです。名取歯科医院では常に歯の治療はそれだけすればいいわけではなく、全てを診断しチェックすることが大切だと考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。