保険外診療(自費)の歯科技工保険外診療(自費)の歯科技工

保険外診療(自費)の歯科技工

歯科医院の仕事は、一人で行うものではありません。歯科医師がいて、歯科衛生士がいて、セラミッククラウンなどを作製する歯科技工士がいます。歯科技工士にも様々な形態の仕事があります。保険診療だけを扱う歯科技工士も居ますし、保険外診療(自費)だけを扱う歯科技工士もいます。

名取歯科医院は保険外診療(自費)専門の歯科診療所ですので、歯科技工も自費専門で請けおっている歯科技工士とパートナーシップを持っています。保険診療と保険外診療(自費)の歯科技工士とでは、歯科医師が採得した歯型の扱い方、作り方、セラミックの扱い方、文字通り「すべて」なおいて異なります。

またセラミッククラウンを実際に製作する前に、噛み合わせの位置や調整など、事前に歯科医師と歯科技工士は綿密な打ち合わせをします。最終的に名取歯科医院の院長、名取が責任をもって確認と調整をしますが、指示内容に完璧に応えまったく院内での調整が必要がない技工物も多くあります。

こまように出来上がったセラミッククラウンは、精密で患者さんのお口の中に装着した時に違和感のない仕上がりとなります。保険外診療(自費)はこのように、目に見えないところまで、質の高い治療を提供できることに価値があります。時間と手間をかけ丁寧につくられた技工物は美しく精密で、良い予後につながり結果として長く美しさを保つことができます。治療した歯が良い状態で長持ちすることこそが最大の患者利益につながると名取歯科医院は信じています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。