入れ歯(義歯)治療をしない理由入れ歯(義歯)治療をしない理由

入れ歯(義歯)治療をしない理由

現在の歯科治療は非常に細かく、また非常に奥深い部分が多いため、一人の歯科医師が全ての治療に於いて質の高い治療を患者さんにするのは非常に困難だと名取歯科医院は考えています。

例えば、耳鼻科の先生は耳鼻科、消化器系の先生はその分野だけしか仕事をしません。
歯科も同様にインプラント治療の歯科医師は入れ歯(義歯)の治療はしませんし、口腔外科の歯科医師も入れ歯(義歯)の治療はしません。一昔まで、歯科医の一般開業医は子供の治療から高齢者の入れ歯治療までを行っていましたが現在ではどんどんどのような事が不可能になっています。

これも、治療の細分化によるものです。

現在、名取歯科医院では保険治療をしていません。保険治療をしないという事は患者さんから治療に掛ける時間、また保険診療を凌ぐ治療費を頂いていますので、失敗は許されないのです。しかし今の名取歯科医院には、保険外診療で入れ歯の治療をする技術はありません。私は、一歯科医師の責任として入れ歯(義歯)治療をお断りしています。

ご存じない患者さんも多いのですが、総入れ歯(歯が全部無い無歯顎)以外の部分入れ歯の治療には科学的な根拠がないのです。いくら高額な費用で部分入れ歯治療を行っても良い予後(治療の良い結果)は求められません。なぜなら部分入れ歯は、ご自分の歯にバネ等を掛けて固定しますので、そのバネを掛けられたご自分の歯に対して釘抜きのように作用し、時間の経過と共に自然と弱り抜けてくるのです。

入れ歯(義歯)はレジンというプラスチック素材で出来ているために、時間の経過と共に汚れが入れ歯(義歯)に吸着しまた匂いも入れ歯に染み込んでしまいます。

こうした理由から名取歯科医院では、入れ歯(義歯)治療を提供していません。入れ歯(義歯)を希望する患者さんには大変申し訳ありませんが、名取歯科医院が考えている歯科医師という仕事に対して責任に他なりません。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。