「歯の治療」だけが歯科医の仕事ではない「歯の治療」だけが歯科医の仕事ではない

「歯の治療」だけが歯科医の仕事ではない

名取歯科医院は直接来られる患者さんだけでなく、他院の医師や患者さん同士のご紹介でいらっしゃる患者さんも多いのですが、この方も紹介の方でした。

この患者さんは10年以上前に入れ歯の煩わしさからインプラント治療を他院で行ったそうですが、インプラントの治療直後からインプラントの周囲が痛んだり痺れを感じるようになったとのことでした。もちろん治療を行った歯科医師に相談したものの、全く取り合ってくれなかったようです。その後、別の歯科医院で改めて検診を行ってもインプラント周囲の痛みや痺れの原因はわからず、最近は不眠や慢性的な疲れがひどかったそうです。

ご来院頂き、私も非常に治療には悩みました。

「インプラントの周りに痛みやしびれがある」と聞いた場合、たいていの歯科医師は「歯を治療する」ことで問題を解決しようと思うでしょう。しかし今回の患者さんのような場合は、原因が神経など「歯以外」なところが多いことがあります。まず、名取歯科医院で「歯の治療」を行うのではなく、ペインクリニックの専門医に紹介を致しました。ペインクリニックで神経学的に痛みの原因を診断し、治療することを優先し、この治療に半年を費やしました。

その後に、名取歯科医院で3ヶ月をかけ噛み合わせを調整。最後に他院で治療をしたインプラントを1本だけ除去しました。治療後2ヶ月経ち、患者さんは今までの痛みや痺れの不快症状が無くなり、この10年の苦しみからやっと解放されたと喜んで頂くなかで、私も心から安堵しました。

名取歯科医院で行なった治療は、新しくインプラントをするという事ではなく、噛み合わせの治療と1本のインプラントを除去しただけです。

歯科医師は、ただ「歯だけを見て」「歯に対して新しい治療」をすれば良いわけではありません。大切なのは治療をする前に、どうすれば患者さんの悩みを解決でき、患者さんを幸せにできるかをまず考える事です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。