保険外診療(自由診療)の本当の価値保険外診療(自由診療)の本当の価値

保険外診療(自由診療)の本当の価値

日本は優れた保険制度があり多くの医師・歯科医師はそのシステムに従った医療を提供しています。歯科では、インプラントや審美歯科など保険外診療(自由診療)と聞くと、歯医者の金儲け治療という印象を持つ方も多いのではないのでしょうか?確かに数ある歯科医院の中には、インプラント治療やセラミックの審美歯科治療を販売業のように積極的に営業することに必死な歯医者さんもあります。

しかし、名取歯科医院の保険外診療は少し違います。患者さんによってはインプラントもしなければ、セラミック治療を全くしない方も多くいます。でも名取歯科医院は保険外診療専門の歯科診療所です。

なぜでしょうか?

保険診療では厚生労働省が承認した薬や材料、そして承認した治療法(手順)を遵守しなければなりません。いわゆる医科は大部分においての診療が保険診療でカバーされているため、最新の薬なども即座に患者さんの負担の少ない形で治療に提供されますが、歯科では逆に限られた材料・治療法しか認められていないのが現状です。

例えば材料ですが、最新の材料(安全性が高く予後の良い)は保険診療ではほとんど使えません。国が認可していない歯科材料が非常に多いのです。歯を残す治療を歯医者が患者さんに提供したいと思っても、その材料が保険外診療(自由診療)となっているのが日本の歯科保険治療なのです。名取歯科医院は保険外診療(自由診療)ですから様々な歯科材料を用いて、患者さんにとってより良い治療のご提案が出来るのです。

そして治療法ですが、日本の歯科治療は未だに「歯だけを治す」治療をしている場合が大変多いのです。しかし少し考えて頂くと、口は歯の他に筋肉や神経など様々なものが複雑に関係していることがお分かりになるとおもいます。それらを殆ど見ずに「歯だけを治す」治療をしてもまた再発するのです。そのような事にならないように関連する箇所を丁寧に治療をしていくと、それは「歯の治療ではない」と国では判断されますから、そのほとんどが保険診療に当てはまらないのです。

保険外診療とは決してインプラントやセラミックだけではありませんし、材質や治療法を限ったものではありません。材料や治療法が限られた保険診療に囚われていた歯科治療では、いつまでも患者さんの歯とお口の問題は解決できないと考えて、名取歯科医院では保険診療を辞めたのです。2021年で保険診療を辞めて5年経ちますが、沢山の患者さんに支持を頂き、名取歯科医院が歯科医院として今も存続できているという事が、その選択が間違っていなかったことを示していると考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。