院長 名取健寿が考える歯科医の仕事院長 名取健寿が考える歯科医の仕事

院長 名取健寿が考える歯科医の仕事

歯科医の仕事とは何でしょう?

名取歯科医院では「何でも食べたいものをストレス無く噛めること、体にしっかりと栄養を摂り込む事を維持する治療」が歯科医のほんとうの仕事と考えています。

最近、名取歯科医院に来られた患者さんのお話ですが、他院で様々な治療を施し、お口の中の歯28本を全部神経を取ってセラミックを被せても問題が解決しないという方がいらっしゃいました。これは一例で、同じように治療をしたが問題が解決しなかったという方が他にも多くいらっしゃいます。

歯科医の中には、歯だけを治療すれば全ての問題が解決すると思い込んで、何か問題があるとすぐに神経を取ってしまったり、歯を高価なセラミックで被せてしまったり、または歯を抜いてインプラントにしてしまったりする方もいます。しかし、セラミックやインプラントなどは単なる手段に他なりません。

噛む、すり潰す、飲み込むという食事の動作は「歯」だけで行っているわけではありません。神経や筋肉、骨などの複数の要素が合わさり、調和を保って食事が可能になるのです。

歯科治療で一番大切な事は、手術が上手いとか、削るのが上手いとかという事ではありません。患者さんがなぜ今のようになってしまったのか? どのように歯科治療をしたら快適に噛めるようになるのか、そして治療した歯を長く保たせる事ができるのかという「診断する能力」が大切なのです。
正しい診断をせずにいくら上手に治療しても、大きな原因が歯ではなく他にある場合、きっと直ぐにセラミックが壊れてしまうことでしょう。これでは結局、患者さんが快適に食事する事は出来ません。

名取歯科医院では、歯だけではなく歯が悪くなってしまった理由を総合的に診断する事で、よりよい治療につながる計画提案を心がけています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。