インビザライン(マウスピース型矯正)は手段ですインビザライン(マウスピース型矯正)は手段です

インビザライン(マウスピース型矯正)は手段です

「インビザライン」は、取り外しのできる透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を用いて歯並びを矯正する比較的新しい歯科矯正治療です。

名取歯科医院での矯正治療は従来の唇側ワイヤー矯正、そしてマウスピース型矯正を用いた矯正治療を行っています。矯正は歯並びと噛み合わせを整える手段ですから、ワイヤーもマウスピース型矯正も適材適所で選択します。開発された当初はマウスピース型矯正では治療できない歯並びも多かったのですが、最近では臨床データの蓄積やアタッチメントの進歩でマウスピース型矯正の適用範囲が拡がってきたため、名取歯科医院でも患者さんの希望を最大限尊重する形でマウスピース型矯正の治療も増えて来ました。

マウスピース型矯正(インビザライン)では、歯をどのように動かして矯正治療を進めるかをクリンチェックという専用のソフトで 3Dで事前シミュレーションできる点も特徴で、治療前に患者さんにご覧頂き治療計画をお話しします。

またマウスピース型矯正では光学印象(デジタルによる歯型取り)を用いる歯科医院が多いのですが、名取歯科医院では従来型のシリコンによる歯型取りと模型制作を重視しています。これは院長としてすべてをデジタル化したフローでは印象精度の点において患者さんに治療の質を担保することができないという判断によるものです。もちろんデジタル技術は日進月歩ですから、私が自信を持って患者さんにご説明できる時が来たら、躊躇せずフルデジタル化に移行します。

このようにアナログとデジタルを有機的に用いることで、治療のレベルと質を保ちながら、患者さんに矯正治療の過程と治療後を事前にご理解いただき自分ごととして矯正治療をとらえて頂くことが、特に自己管理要素の多いマウスピース型矯正では大切と考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。