,

レントゲンから分かる事レントゲンから分かる事

レントゲンから分かる事

こちらは名取歯科医院の患者さんお二人のレントゲン写真です。


下のレントゲン写真と上のレントゲン写真を比較すると、治療済みの白い部分が上のレントゲンでは非常に多く、根の先には数多くの黒い病巣が見受けられます。これに対して下のレントゲンでは白い部分(治療済み)が少なく、全ての歯に神経が温存されていることがわかります。

下のレントゲンの患者さんは歯の全てに神経が温存されており、将来への安心感があります。一方で上のレントゲンの患者さんは、白い部分が多く、根の先に病巣が見受けられるため、噛む力に歯が耐えられず、抜歯が避けられない状態です。

この歯にいくら精密な根管治療を行っても、歯の寿命が延びるわけではありません。このような場合は抜歯してインプラント治療となってしまいます。歯の神経組織は歯の健康のためには不可欠な組織なのです。

また、上のレントゲンにおいて虫歯や膿みの袋が多く存在する場合、口臭の発生の原因となる場合があるので、注意が必要です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。