,

インプラント治療の寿命と患者さんの健康インプラント治療の寿命と患者さんの健康

インプラント治療の寿命と患者さんの健康

名取歯科医院でインプラント治療を開始してから早くも25年が経過しました。

こちらのお写真は、その頃に治療したもので、25年後に被せ物が外れたとのことで再治療をいたしました。改めて検査したところ、原因はインプラントではなく咬み合わせの変化であることが判明しました。
こちらは25年前のインプラントですが、このように周囲の骨も無くならず健全なままなので現在に於いてはインプラント自体の安定性は保たれているものと考えられます。

しかし、今現在、インプラントのトラブルが減らないというのであれば、それは治療前の診断に問題があるのかもしれません。患者さんの身体の状態を十分に把握できていない、またはインプラントの設計ミスなどが考えられます。

こちらの患者さんは、25年の間にセラミックの若干の破損がありましたが、咬み合わせに順応しようとしたためであり、特に問題ではありませんでした。綺麗に研磨を施し、再度被せ物を付けることで治療を終了できました。

インプラントの寿命は個々の患者さんの身体の変化に左右されるため、具体的な保持期間は予測が難しいです。しかし、末永く保つためには患者さんの身体を健康に保ち、咬み合わせを安定させ、毎日のブラッシングを欠かさないことが重要です。そしてもちろん、禁煙は寿命を延ばす必須条件と言えるでしょう。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。