,

親知らず抜歯についての名取歯科医院の見解親知らず抜歯についての名取歯科医院の見解

親知らず抜歯についての名取歯科医院の見解

親知らずの抜歯について、名取歯科医院では基本的に抜歯が良いと患者さんにお伝えしています。
その理由として、

1. 歯ブラシが届きにくく汚れの温床になってしまう
親知らずは通常、奥歯の一番後ろに位置しており、歯ブラシが届きにくいため、汚れがたまりやすいです。この汚れが溜まることで歯肉が腫れたりという症状を引き起こしたり、歯周病が進行しやすくなります。

2. 顎関節症の併発
親知らずが正常な咬み合わせに悪影響を与える場合があります。歯並びや噛み合わせに問題が生じて顎関節症の併発につながる可能性もあります。

一方で、親知らずが骨に埋もれている場合、無理に抜く必要はないと名取歯科医院では考えております。
ただし、親知らずに関する情報には注意が必要です。中には誤った情報をもあり、特に親知らず抜歯が顎関節症を引き起こすなどといったものには注意が必要です。これらの主張には、解剖学や顎関節に関する正確な知識が不足している可能性があります。

親知らずに関する治療や抜歯だけでなく、何事にも正確な知識をもとに治療を提案することが重要であると名取歯科医院では考えます。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。