,

歯を削らない治療歯を削らない治療

歯を削らない治療

最近、患者さんから「どこの歯科医院でもデジタルでセラミック治療を勧められる」という話をよく聞きます。こちらの患者さんも歯並びの治療を希望したところ他院で「全て削ってセラミッククラウンを」と言われたそうです。しかし、まだ年齢も若いこともありできるだけ歯は削りたくないという主訴で名取歯科医院に来られました。

当院ではこのような場合、殆どはレジンによるダイレクトボンディング(築盛)という治療方法を取ります。この治療法は歯に直接歯科用レジンを盛りつけていく治療法で、治療に型どり不要で早い方では1日で治療を終えることが可能です。今回の治療も1日で完了し、また、治療費も総額で1本のセラミッククラウンの半額程度の値段に抑えることができました。

このようにご説明すると、簡単な治療のように聞こえるかと思いますが、ダイレクトボンディングはスキルを要する治療方法です。通常は技工所に依頼して作る被せ物(クラウン)などと違い、レジンによる治療(築成)は一貫した治療としてドクターが行います。そのため治療するドクターの知識と経験、何よりその技術で仕上がりが大きく左右される点に注意してクリニックを選んでいただければと思います。

年齢に関係なく、患者さんのためには、削る必要のない歯はなるべく削らない方が良いと名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。