,

歯の神経はなぜ必要か?歯の神経はなぜ必要か?

歯の神経はなぜ必要か?

歯の中には神経組織があり、また血液が循環しています。硬い物を咬んでも歯が割れずに機能しているのは、この血液循環が歯に栄養を届けることで、持久性を維持しているからです。
人が食事をし、心臓が血液を全身に流し命を繋げているのと同じことが、歯の中の神経組織でも行われているのです。

そのため、歯科治療の中でも神経を出来るだけ取らないようにするのが、歯科医師に与えられた使命であると名取歯科医院では考えています。しかし、他の歯科医院では「神経を取った方が後の治療が痛くない」とか、「しみるのがいやなら神経を取った方が良い」などという医師もいるそうです。もちろん痛みがあり手の施しようがなく、神経を抜かなければならない時もあるでしょう。

しかしそれはほんの僅かなケースです。

歯の神経を取ってしまう、歯は弱くなり将来的には割れてしまいます。痛みが少なければむし歯が大きくてもできるだけ神経を残す治療を選択した方が、結果として歯を残せる可能性は高まりますし、痛みは体からのサイン(警報のようなもの)ですから決して悪いことだけではないのです。抜歯せず歯を残すことができれば、インプラント治療をしないで済むかもしれません。

このように名取歯科医院では、歯の神経(血液循環)を残して、できるだけ歯を救う歯科治療を心がけています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。