,

歯科治療における喫煙習慣のリスク歯科治療における喫煙習慣のリスク

歯科治療における喫煙習慣のリスク

ここ数年、禁煙を推奨する事が盛んに言われております。喫煙は様々なリスクがありますが、それは歯科治療でも同様です。インプラント治療や歯周病治療中に喫煙の習慣がある患者さんは、治療が失敗する危険があります。名取歯科医院では、インプラント治療や歯周病治療を希望の患者さんには、治療前に禁煙をお願いしております。

もし、禁煙が出来ない場合には治療をしないという選択肢もありますし、もしそれでも治療の希望がある場合には、治療の保証が出来ないことを治療前にお伝えし、理解していただいた上でのみ治療を行います。
それほど喫煙は危険なのです。ご自身の身体のため、またご家族のために、喫煙をなさっている患者さんには是非、禁煙をお願い致します。

喫煙については近年、電子煙草のシェアが増えてきているそうですが、歯科治療におけるリスクは通常の煙草も電子煙草も変わりはありません。煙草に含まれる化学物質が、口腔がんや歯周病の増悪因子となるということが知られています。喫煙をされる方は歯周病にかかりやすく悪化しやすい上に、歯周病の治療効果は低く、治療後の治りが悪いということがわかっています。

患者さんの中には「体と口は別」と考えていらっしゃる方が多くおられますが、それは大きな間違いです。現代では歯を失った場合、インプラントという代替があります。

しかし…だからといって、それに安易に頼ってしまうのは考えものです。歯も立派な体の器官、言ってしまえば臓器ですので、心臓や腎臓などの内臓と同じように大切にしていただくことが、健康寿命を延ばして快適にお過ごし頂くためには、本当に大切なことだと、名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。