,

お口全体の機能を考えるお口全体の機能を考える

お口全体の機能を考える

この写真は名取歯科医院にて28本の歯の再治療をされた患者さんです。
患者さんは他院にて28本の歯をインプラントや、根管治療を行ってセラミッククラウンを被せるなどの治療をしましたが、お口の問題は解決されなかったとの主訴で当院に来られました。

問題が解決されなかった原因は、治療を行った他院の歯科医師が歯や骨など「問題のある部分」しか診ていなかったからであると名取歯科医院では考えます。
人間はロボットではありません。人間の身体は神経や骨、筋肉など様々な物が複雑に関係して機能をしているため、問題がある部分のパーツだけ変えれば良いというわけではないのです。

この患者さんの問題の根本は、噛み合わせによる歯へ掛かる力のバランスにありました。名取歯科医院でデンタルドック(精密な歯の人間ドック)を行ったうえで、噛み合わせの治療を含めた治療方針をご提案しました。

お口の治療についても同様です。お口の全体的な機能を考えながら治療をしていかないと、いくら保険外診療でお金を注ぎ込んでも失敗します。セラミックやインプラントはあくまでも素材であり、治療のための手段でしかありません。大切なのは、患者さんの不具合の原因がどこにあるのかをきちんと探り、治療方針決め、治療計画を立てることが出来る歯科医師を選択すること、そう名取歯科医院では考えます。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。