,

メタルフリー治療メタルフリー治療

メタルフリー治療

歯の神経を抜いてしまうと歯に栄養が行き渡らなくなり、歯そのものが弱くなってしまうのは紛れもない事実です。更にそこへ金属の土台(メタルコア)を入れてしまうと、杭のように作用してせっかく残した自分の歯が割れてしまう危険性があることも知って頂きたいと思います。

こちらは実際に金属の土台(メタルコア)を外した歯の写真です。

金属の土台(メタルコア)を歯の根の再治療の為に外したものですが、観察したら細菌が感染してセメントが溶け出していました。通常お口の中は中性(pH7)ですが食事をすると酸性に傾きます。同様に酸性食品を口にすることで酸性化することになります。口腔内の酸化は「銀歯」の材料から金属イオンの流出を促すことで歯ぐきの黒ずみ(メタルタトゥー)や金属アレルギーの要因となることが指摘されており、口腔内だけでなく全身に影響がでることもあるのです。

歯科の保険診療では金属利用は多岐に渡ります。たとえば被せ物はセラミックでその下の土台には、金属の土台(メタルコア)を使用する場合なども未だに多くあり見た目はわからずとも、お口の中に金属の土台が一つは入っている方も少なくないかもかも知れません。

廉価な歯科用の金属は健康なからだに対しても、また1本の歯そのものに対しても大きなリスク要因となるため、名取歯科医院では、原則として金属を使わないメタルフリー治療を行っております。

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。