,

矯正治療と噛み合わせ矯正治療と噛み合わせ

矯正治療と噛み合わせ

「矯正治療の成功」とはなんでしょうか?

見た目だけで言えば、重なりあった歯や八重歯などがキレイに並べば成功だと思われるでしょう。名取歯科院でも矯正治療を希望される患者さんから「歯の並びを綺麗にしたい」とご相談を多く受けます。ただし矯正治療は本来、歯の並びの改善を通して「噛めるようにする」というのが最終的な目標です。

見た目だけでなく奥歯と前歯がしっかりと噛み合わせることができる。つまり歯としての機能も改善していかないと成功とは言えません。最近、他院で矯正治療を終了されたが、その後も歯が痛い、咬めない。また、頭痛や肩こりが増えたなど様々な症状に悩まれて名取歯科医院にいらっしゃる患者さんが増えているように感じます。

この患者さんも矯正治療を2度されたとのことですが、歯並びだけ見ればきれいに並んでいるように見えますが、写真を見てわかる通り前歯がきちんと咬んでいません。上の歯と下の歯が咬み合わず、隙間が空いています。因みに奥歯は咬んでいました。

この噛めない矯正治療によって患者さんは時間もお金も使った治療にも関わらず、歯ぎしり、歯の知覚過敏、頭痛、肩こり、顎の痛み、歯の痛みといった様々な症状に悩まされていました。名取歯科医院で、前歯の噛み合わせを改善した結果、これらの症状を改善しました。

この患者さんも矯正治療後に、噛み合わせに問題を抱えて来院されました。この患者さんだけではなく、矯正治療後に問題を抱えて名取歯科医院にいらっしゃる方の殆どが、「上下の前歯の噛み合わせが無い」という状態になっています。

このように前歯の噛み合わせが無いと歯ぎしりを起こし、それが続くと歯の破折などを起こす場合もあります。前歯がしっかり噛んでいない状態が続くと、奥歯に大きな力がかかり歯を痛めると同時に顎関節にも悪影響が現れます。自覚症状として、うまく噛めない、顎が痛い、エラが張る、頭痛がするという事を主訴として来院される患者さんもいらっしゃいます。

治療後に「きちんと噛める」というのが矯正治療の大前提です。

この患者さんの場合は、名取歯科医院でワイヤーを使わないインビザラインという方法を使って、前歯の噛み合わせを改善した結果、それまで抱えていた症状を改善することが出来ました。

矯正治療は「歯を綺麗に並べるための治療」ではありません。歯並びだけを整えるのではなく矯正治療をした後も後戻りを防止するために、噛み合わせの調整をしなくてはなりません。歯を動かしただけでは噛み合わせをきちんと作ることはできないのです。

お口は矯正歯科医のショーケースではありません。ストレスなく噛めるという機能を満たしてなければ、どんなに粒ぞろいの白い歯がキラキラと並んでいたとしても矯正治療の意味は半減だと、名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。