,

歯科治療のゴール歯科治療のゴール

歯科治療のゴール

私たち歯科医師は患者さんの歯とお口の問題を解決するために、インプラント治療、歯周病治療、虫歯治療、セラミック治療、矯正治療といった様々な手段の歯科治療をおこないます。しかし歯科治療は単に複合治療を行って終わりではないと、名取歯科医院は考えています。人は、毎日物を噛んで咀嚼し食事をしなくてはなりません。患者さんの治療後に「その治療した歯」がどこまで噛む力に耐えられるか?力のコントロールをすることが大切です。

例えばインプラント治療や矯正治療で一つの歯や歯並びが改善しても最後に噛み合わせが決まらなかった場合、治療した歯以外の部分に変調をきたす場合があります。歯科治療後にストレスなく噛めることは治療した歯を長持ちさせるとともに患者さんの天然歯を守ることに繋がります。名取歯科医院では、この「正しい噛み合わせ」を歯科治療のゴールだと考えています。

噛み合わせの構築で、一番難しいのは、噛み合わせには、科学的な根拠=エビデンスが無いという事です。医療治療には、イービーエム(EBM)といってエビデンスがあります。EBMは『Evidence-Based Medicine』の頭文字をとったもので、よく『(科学的)根拠に基づいた医療』と訳されます。これまでに行われてきた医学・医療に関する研究成果((科学的)根拠(=エビデンス))をまとめたものです。
しかし、噛み合わせについては様々な歯科医師が様々な意見を発していますが、医療におけるEBMのようなものは存在していないのが現状です。また、残念なことにその中には、根拠が不確かな、怪しいと言わざるおえないものも多く存在しています。

名取歯科医院では、咬合学のマスターピースである、Dr. Peter E. Dawson の咬合理論を15年にわたり実践し、そのDawsonの噛み合わせ治療をデジタル化することで大きな飛躍を得たDr. Mark Piper の科学的な噛み合わせ治療を日本で提供* しています。私たちは、どうしたら噛み合わせが正しく患者さんのお口の中が安定するのかを、定期的にデジタルによる精密な噛み合わせ治療(マイクロオクルージョン)を用いて、科学的な数値に基づいた治療を提供しています。

*2022年、日本初の米国咬合(デジタル)認定を取得。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。