,

根管治療の器具根管治療の器具

根管治療の器具

虫歯の進行により歯の神経まで冒されてしまった場合、従来は抜歯をするのが当たり前でしたが、最近は自分の歯をできるだけ残すことを考えた「根管治療」が一般化してきました。
これは、歯を抜いてしまうと歯並びの乱れなど、ほかの歯への影響があることが広く知られてきたからということもあります。

根管治療は様々なところに気を配って行わないと良い結果が得られません。根管治療のポイントは根管から虫歯菌を追い出すこと(根の消毒)です。名取歯科医院は歯の根を拡大するマイクロスコープ治療、軟組織を立体的に診る CT 検査、細菌感染をさせないラバーダム使用を徹底しています。

こちらの針みたいな器具はファイルという器具です。

このファイルを使用し根の中の細菌をきれいにしていきます。もちろん、ファイル自体に少しでも菌がついていては意味がありません。この写真のように一本ずつ滅菌された状態で置かれ、治療の際に開封して一度その患者さんに使えば終了です。また一度の治療で、ファイル1本だけを使うということはまずありません。まだ他に何本も使わなくてはなりません。

歯を1本、きちんと治療するためには様々な器具、機材が必要なのです。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。