,

目的と手段目的と手段

目的と手段


医療行為をする場合にその根拠となるものが必要であり、医療においては「科学的根拠=エビデンス」です。しかし、治療において大切なのは「根拠」だけではないと、名取歯科院は考えます。
私たち、歯科医師は患者さんの歯とお口の問題を解決するために、インプラント治療、歯周病治療、虫歯治療、セラミック治療、矯正治療といった様々な手段の歯科治療をおこないます。しかし歯科治療は単に複合治療を行って終わりではない…と、名取歯科医院は考えます。
人は、毎日物を噛んで咀嚼し食事をしなくてはなりません。
歯科治療の目的は患者さんが歯科治療によって美味しく食事を食べられるようになること、しっかりと噛めること、お口から健康な人生へとつなげることだと考えます。
インプラントを埋入することも、セラミッククラウンを被せることも、それらの歯科治療は目的ではなく手段です。「美味しく噛める」という目的があり、科学的根拠のある治療を行う。これが揃ってこそ、きちんとした治療が行えると名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。