歯を抜くか、抜かないか歯を抜くか、抜かないか

歯を抜くか、抜かないか

最近「歯を残す」または「抜歯しない」という表現を多く見かけます。もちろん天然歯、あなたの歯を治療して大切に残すことは間違っていません。でも、それを目的にしてしまうと治療の本質を見誤ることがあります。

下記の写真の矢印部分の歯を治療時に抜歯しました。今回、なぜ私が「この歯を抜歯する」という決断をしたかをお話ししたいと思います。

この患者さんは以前に前歯のセラミックが数回壊れたことがあるとのことでした。名取歯科医院で検査したところ顎にも若干の症状がみられ、これは咬み合わせに問題があるということを示唆していると考えられたため、矯正治療をご提案致しました。しかし、患者さんは矯正治療は望んでおられませんでした。そこで全体的な検査結果や今後の他の歯の治療などを合わせて検討した上で、奥歯を抜歯することをご提案したところ、その旨患者さんからご了承いただきました。

抜歯自体は患者さんのご都合もあり他院で行うという流れになりましたが、ここで問題が起こりました。患者さんが近隣の歯科医院を数件訪れて抜歯の旨を使えたところ「この歯は抜くべきではない」「ブリッジにすれば良い」など様々なご意見を頂いただいたそうです。そこで患者さんともご相談した結果、名取歯科医院で抜歯する事になりました。

「歯」という視点だけを見れば、抜くべきではないという判断をする歯科医師の方は多いと思います。また、それは決して誤った判断ではないと思います。ただ今回の場合は患者さんのバックグラウンドや既に前歯のセラミックが数回壊れているという経緯、今後の他の歯の治療の安定性を考えた場合は抜歯という判断となりました。

何でもそうですが一律に「歯を削るな」「歯を抜くな」、またその反対も然り、治療において全てに共通して当てはまるものはありません。患者さん個々の状況に応じた「より良い方法」があると名取歯科医院では考え、歯科治療を行っています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。