歯の痛みや不具合の原因を知る大切さ歯の痛みや不具合の原因を知る大切さ

歯の痛みや不具合の原因を知る大切さ

名取歯科医院には様々な患者さんが毎日いらっしゃいます。

私がいつも患者さんにお話しているのは「今ある痛みや不具合は何が原因で起こっているのか?」を、患者さんと歯医者の双方が理解してから治療を開始しなくてはいけないという事です。つまり虫歯があるからといっていきなり椅子をたおして歯を削ったり、歯を抜いたりするだけではダメなのです。例えば「お腹が痛くなったら何も調べずにすぐ手術しますか?」と同じ事です。

これと歯科治療も同じです。もちろん急な歯の傷みなどの応急処置はするにしても、主訴の治療ではまず原因を究明して、その結果を患者さんと話し合い、そして治療の同意を得てからするのが王道で、これは患者さんの知る権利と治療方法を自分が決める権利に裏打ちされたものです。これまでの歯科治療、昭和型の歯科医院では、虫歯部分以外を調べることなく患部の治療を開始してしまうため、治療後に新たなトラブルが発生するのです。すると何回歯科医院に通って歯の治療をしても治らないと患者さんは思いますし、反対に歯科医師に「あなたの歯の質が悪いからだ」と言われたエピソードを患者さんから伺い心底悲しくなりました。歯質は人間全部一緒なので、原則的に人によって良い悪いなんてことはありません。人によって異なるのは歯質ではなくお口のなかの環境でむし歯になりやすい人、歯周病になりやすい人と口腔内細菌の特性です。これは唾液の検査からスタートすることですから、やはりむし歯だけを調べても判りりません。

歯の治療は「痛みや不具合の原因は何か?」をきちんと診査診断して患者さんと共に理解し、お口の中をトータルに捉えた治療をしていくことが歯科治療の成功と治療の維持(予後)にとって、とても大切なのです。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。