クリニックについてクリニックについて

3つの時代を患者さんと共に


名取歯科医院は大正3年 (1914年)に淺草にて開業しました。第二次世界大戦での疎開を機に栃木県那須に移り那須の地域医療に従事、終戦の昭和20年(1945年)に現在の宇都宮に移転開業しました。大正・昭和・平成の3つの時代を患者さんとともに歩み、平成29年(2017年)に新しいデジタル時代の歯科治療に対応する現在のクリニックを新規オープンしました。

新しい名取歯科医院は、患者さん中心の医院設計にこだわっています。開放的で明るいウェイティングスペースとゆったりとしたソファ、患者さんのをプライバシーを大切にする完全個室のカウンセリングルーム、バリアフリーで機能的な院内、リラックスして治療を受けて頂ける機能的な診療室で患者さんをお迎えします。一人ひとりの患者さんにしっかりと向き合うために、完全予約制で診療室は2室となります。

クリニックのご案内

ゆったりとしたウェイティングスペースでリラックスして治療の前後をお過ごしください。

プライバシーを大切した完全個室のカウンセリングルームで検査と治療についてご説明します。

歩きやすく段差のない院内は患者さん最優先の導線で設計されています。

デジタルによる精密歯科治療に不可欠な歯科用 CT で、患者さんに負担の少ない極めて低被ばくのものです。

治療のメインとなる診療室です。マイクロスコープを使用した精密歯科治療をおこないます。

メンテナンスの中心となる診療室です。名取歯科医院では歯科衛生士もマイクロスコープを使用します。

クリニック VR イメージ

受付正面のウェイティングスペース

名取歯科医院のメイン診療室

治療環境のご案内


マイクロスコープや歯科用CT、T-スキャンなど治療を見える化するデジタル機器を導入し、患者さまの期待にお応えする精密な治療を提供しています。

マイクロスコープマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)は2つの診療室に備えられ、ドクターによる治療と歯科衛生士によるメンテナンスの双方で拡大視野による精密で丁寧な治療をお約束します。

歯科用CT根管治療、歯周病治療、矯正治療、インプラント治療など名取歯科医院の実践する精密歯科治療に歯科用 CT は不可欠です。精密なデータをデジタルで安全に取得します。

T-スキャン噛み合わせを歯科治療のゴールと考える名取歯科医院に不可欠のデジタル計測機器です。不確定なリボン紙の計測に頼っていたものを、力・方向・歪みを瞬時に数値化します。

歯科用ルーペマイクロスコープを使用しない治療の場合においても、歯科用ルーペによる拡大視野によって精密な歯科治療をおこなっています。

ラバーダム歯を残す治療、天然歯を大切にする精密な歯科治療にラバーダムは不可欠です。細菌感染だけでなく治療中の誤嚥(ごえん)を予防するなど多くのメリットがあります。

デジタルビデオシステムマイクロスコープによる拡大視野をデジタルで記録し、ご自身のお口の中や治療経過を見て頂けるデジタルビデオシステムを導入してより分かりやすい「見える化」を実践しています。

生体情報モニター必要時は生体情報モニターにより、血圧をはじめ心電図・脈拍・血液中の酸素飽和度などを監視します。高血圧や心臓病など持病をお持ちの方も全身状態を把握して手術をお受け頂けます。

滅菌器 バキュクレーブR 31B+治療器具の衛生管理、安全管理をもっとも大切にしています。ヨーロッパ規格EN13060の最高基準「クラスB」準拠の減菌器で処理後、治療ごとに減菌パックで器具を管理しています。

ティオンホワイトニングストレスのないホワイトニングを行うため、チェア一体型のコスモブルーによるオフィスホワイトニングを提供します。複数の歯を1度に漂白できるので患者さんの大切な時間を無駄にしません。