,

イノバイト/ Innobyte (咬合力測定検査)イノバイト/ Innobyte (咬合力測定検査)

咬み合わせの総合的な力を
デジタルで数値化

名取歯科医院では「咬み合わせ治療の専門」として、これまでも咬み合わせを計測する
デジタル機器「T-スキャン」を精密検査に導入して、歯科医師の経験や勘に頼らない令和時代の噛み合わせ治療、顎関節症治療を提供してきました。
「T-スキャン」が咬み合う歯牙同士の咬合力を可視化して咬み合わせ治療の基礎データとするのに対し「イノバイト」はお口全体の咬合力を単位(ニュートン)として計測して、噛みしめや食いしばり、また咀嚼など開閉口運動のなかで、お口全体がどれくらいの力で咬み合っているかという基礎データで収集します。

これは「T-スキャン」が歯に掛かる力とその咬み合わせ癖や順序にフォーカスしているのに対して、「イノバイト」はお口の機能全体(歯、歯ぐき、骨、筋肉、神経など)にフォーカスした力そのものの評価をします。そして、この2つのデジタル機器を活用することで、咬み合わせ治療の専門家として、より正確な診断と治療計画を患者さんにお示しすることが可能になりました。

この新しい計測機器「イノバイト」は、 2024年1月から本格的にデンタルドックの検査項目として運用します。

トップへもどる

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。
LINE ビデオカウンセリング詳細

初診カウンセリング・無料通話で問い合わせ