症例紹介症例紹介

奥歯の虫歯をラバーダムとMTAで神経を保存して治療

20代 / 女性 2022年2月21日 公開


治療前

治療後

治療内容

  • 虫歯治療
  • MTA
  • ダイレクトボンディング

治療費用
¥132,000

費用明細はこちら

患者さんは20代の女性で、右上4番の虫歯の治療でご来院されました。古いインレーを被せていた下で虫歯が神経の一部まで進行していましたが、処置の際はラバーダムを使用することで雑菌を極力排除した状態で歯の神経を保存しました。処置から3年経過した後も神経や歯に問題は出ていません。

治療ステップ

step1

初診時

症状は無いものの、レントゲンを見ると*上*番の虫歯は神経のあたりまで到達しています。さらに虫歯が進行すると根管治療が必要となるリスクも高くなります。
残っている神経を少しでも生かすため、歯の周辺にラバーダムをかけて虫歯を除去します。名取歯科医院では歯の治療時には基本的にラバーダムを使用し、唾液などに含まれる細菌が歯に入らないようにして治療を進めます。

step2

古いインレー・虫歯の除去


まずインレーを外し、虫歯を丁寧に除去していくと、神経が露出(露髄)してきました。歯の中を洗浄・止血を行った後はMTAセメント(歯を削った部分を密封し神経を保存する充填剤)を入れていきます。

step3

生活反応の確認・レジン充填

虫歯の除去を行った一週間後、神経が正常に反応するか(生きているか)を機械を使って確認したのち、再びラバーダムをかけてレジンによる修復を行いました。

step4

治療後


写真は処置から3年後のものです(右端の歯を治療)。レントゲンを見ても、神経は無事保存できており、ダイレクトレジンも問題ありません。
名取歯科医院では治療の際できるだけ歯の神経を残す事を大切にしており、その中で唾液の侵入を防止し雑菌が歯の中に入ることを防ぐラバーダムは非常に重要な役割を持っています。
治療の最中に患部を清潔に保つことで神経を良い状態で保存でき、歯も長持ちさせることが可能になるのです。

治療費

デンタルドック ¥55,000 1 ¥55,000
古いインレー除去 ¥11,000 1 ¥11,000
虫歯除去 ¥11,000 1 ¥11,000
MTA ¥33,000 1 ¥11,000
ダイレクトボンディング ¥22,000 1 ¥22,000
合計 ¥132,000

症例紹介について

治療費について

すべての治療が保険外診療となります。価格と税率は治療当時のものとなります。初診カウンセリング費用は無料ですが、治療前にデンタルドック(55,000円)が必要です。

治療リスクについて

治療中に一時的な咬合痛や冷温水痛、若干の歯肉の腫れ、発赤などを生じることがあります。また仮歯の時期には仮歯の脱離や破損の可能性、舌感などに違和感を感じることがありますが、本歯に移行するまでに通常消失します。
※すべて症例による違いや個人差があります。

掲載写真について

すべて名取歯科医院での臨床写真で、見た目を変える画像加工は行っておりません。またメーカーや学会誌からの転用はございません。掲載写真は実際に治療を行った患者さんの同意を得て、治療を検討する方への情報提供と啓発を目的として公開しています。

噛み合わせと定期検診について

審美治療の終了後は、必ず定期検診をお受け頂きます。これは顎関節を含む噛み合わせの安定を出来るだけ長期にわたって維持して頂くためです。噛み合わせの安定は治療箇所の長期予後(長持ちする治療)におして不可欠です。

メタルフリーとマイクロスコープについて

金属を使用しないセラミックス、ファイバー、レジンによるメタルフリーの審美修復治療です。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使った拡大視野による治療により修復物の適合性を高めることは虫歯や歯周病の再発抑止に有効です。

無料カウンセリング 精密検査
一般歯科
ダイレクトボンディング
なるべく神経を抜かない、神経を残す治療

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。