動画で知る名取歯科医院動画で知る名取歯科医院

顎関節の治療法、歯を削る治療について。

今日は顎関節の治療法についてお話したいと思います。
他の動画で、マウスピースはだめだ、名取歯科医院での治療は削るのだということをお話ししました。
どうやって削るかというお話をしたいと思います。

今まで歯医者は、被せたり歯を調整する時に、赤と青のカーボン紙を使います。
ご経験ある方が多いと思いますが、カーボン紙を歯で挟んで、カチカチ噛み、患者さんが高いと言えば歯を削り、大丈夫だと言えば治療は完了となります。

でも、よく考えるとおかしな話で、患者さんが決めていて、なにも客観的なデータがあるわけではありません。
それはとても危険なことだと言えます。

名取歯科医院でもカーボン紙は使いますが、それはあくまでも噛み合わせた時に歯が当たっているところを見るためです。
噛み合わせを見るためには、デジタルで噛み合わせを見る機械があります。

デジタルと従来のアナログをミックスして治療をすると、デジタルのデータは残ります。
そして瞬時に患者さん自身でデータをご覧いただくこともできます。
患者さんが納得した上で、歯を削ることが求められる治療です。

私は患者さんの歯を何回も削っていますが、削られた、ダメだったと言われたことはありません。
削ることは患者さんにとってネガティブなイメージがあるかもしれませんが、歯を削ることで歯と顎のバランスが良くなります。

このことは一つ、ぜひ覚えておいていただきたいことです。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。