,

歯を削るという事歯を削るという事

歯を削るという事

何も痛みが無ければ歯を削るという事はありませんが、歯科医師は虫歯や歯周病など様々な疾患を治療する為に、歯を削ります。
歯を削るということからネガティブな印象が感じられるかもしれませんが、歯を守るためには大切な処置です。虫歯になってしまったからには、再発しないように虫歯の原因菌を完全に除去することが重要です。名取歯科医院では、齲蝕検知液というものをつかい虫歯を目で見てわかるように「見える化」します。そこから虫歯だけをマイクロスコープ(歯科用の顕微鏡)で拡大し、虫歯だけを専用のヘラを使い手作業で丁寧に取り除いていきます。もちろん時間はかかりますが、名取歯科医院ではドリルで健康な歯もろとも虫歯を削り取る虫歯治療は一切行っていません。

本やインターネットなどで、歯は削らない方がいいという記事を目にすると、歯科医院に行って歯を削らないで下さいなんていう方もいらっしゃいます。
そのような場合、名取歯科医院では何も治療は出来なくなってしまい、その患者さんを治療する事は不可能になります。
中にはレーザーで治療すれば歯を削らなくてよいという記事もありますが、レーザーを照射したからと言ってすでに出来てしまった虫歯が消えるわけではありません。また、確かに「削る」という行為はしていませんが、レーザーでも歯がダメージを受けることには変わりありません。

もちろん治療によっては歯を削らなくてもいい治療もありますが、大部分の治療では歯を削ります。
歯を削るのは最低限、虫歯の原因は最大限除去することが大切です。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。