生活習慣と歯の健康生活習慣と歯の健康

生活習慣と歯の健康

歯科医師が治療の際に気にかけているものに、患者さんの生活習慣に喫煙と糖尿病があります。この二つは歯科治療の成功に対して非常にリスクとなるもので、名取歯科医院ではどちらか一方でもある患者さんには、治療の保証が出来ないことを治療前にお伝えしています。なぜなら行なった治療が将来どうなるのか、喫煙者と糖尿病の方は予測が不可能だからです。
喫煙については近年、電子煙草のシェアが増えてきているそうですが、歯科治療におけるリスクは通常の煙草も電子煙草も変わりはありません。煙草に含まれる化学物質が、口腔がんや歯周病の増悪因子となるということが知られています。喫煙をされる方は歯周病にかかりやすく悪化しやすい上に、歯周病の治療効果は低く、治療後の治りが悪いということがわかっています。
糖尿病には1型、2型がありますが圧倒的に2型が多くこれは患者さんの生活習慣が原因でなってしまうものです。糖尿病で人工透析を受けている方の割合はこちらのグラフが示すように年々増加しています。

人工透析を行っていらっしゃる方の歯科治療は、多くの場合治りませんし、歯科治療自体が患者さんの身体にとってリスクになる場合もあります。患者さんの中には「体と口は別」と考えていらっしゃる方が多くおられますが、それは間違いです。
心臓や腎臓などが悪くなっても交換するなんて事はすぐに出来ませんが、歯を失ったらインプラントという代替の人工臓器があります。しかし、だからといって、それに安易に頼ってしまうのは考えものです。歯も立派な体の器官、言ってしまえば臓器ですので、心臓や腎臓などと同じく大切にしていただくことが、健康に過ごすために大事なことだと名取歯科医院では考えています。

  • 重要
  • 新型コロナウイルス対策

LINEビデオカウンセリング

患者さんの歯の悩みに、
LINEビデオで院長が直接カウンセリング致します。